忍者ブログ

駅員観察結婚活動日記

婚活中のアラサー女子がイケメン駅員さんをチェックしているブログ

婚活パーティーより良かったバーベキュー合コン

私は、元々結婚願望が強く、20才を過ぎたら自然とすぐに結婚するもんだと思っていました。

25才の時に付き合っていた彼がいて、その彼とは結婚するだろうなと思いながら、日々を過ごしていたのですが、結局別れてしまいました。環境の変化など、色々な要因が重なり、お互いに嫌いになって別れたわけではなかったので、別れてからもずっと好きでいました。

ただ、彼を思いすぎて、回りが見えてなく、友達からは出会いのチャンスと時間を無駄にしていると言われました。それをきに、婚活関係のイベントを探してみて、婚活バーベキューというものに参加してみました。

パーティーだと、ちょっと堅苦しいイメージでとても行きずらかったので、探してみるとこんなのもあるんだなぁとビックリしました。

バーベキューなので、もちろんカジュアルな服装でOKですし、着飾らない相手のリアルな姿も見えた気がしてよかったです。

バーベキューでは、グループに別れて、指定された料理を作りみんなで食べるというものでした。何か作業をしながらなので、わざわざ会話を考えるというのもなく、自然と会話が弾みますし、この人はみんなを気にかけてくれるとか、こんなことできるんだとか、初めましてなのに色んなことを知れました。
婚活パーティーという響きはちょっとハードル高いですが、こんなかんじで気軽な出会いの場もあるので、ぜひ探して行ってみてはいかがでしょうか。

【結婚式の2次会で妻と出会う】

38才妻との出会いですが、知り合いの結婚式の2次会で出会いました。

それまでに、婚活としていくつかのお見合いパーティーに参加しました。
いわゆる「回転寿司」形式ではなく、フリートークが長くとることができる「合コンパーティー」のようなものに参加しました。

そこでは、異性と話すことに重点を置き、ほかの方と話をしていない方と、プロフィールなどは関係なく、とにかくお話することを心がけました。

理由は、二つあり、まずひとつは見かけだけではなく、話さなければその方がどのような方かわからないということです。

もうひとつ、こちらが私は重要と感じているのですが、日ごろから異性と話していないと、いざ好みの異性が目の前にあらわれたときに、緊張して何を話していいかわからず、結果として全く話せない、ということを無くすためです。

私自身、初対面の人と話すことが得意でなく、どちらかというと苦手であったので、練習のつもりでいました。正直な話、顔や身長のスペックや、チャラそう、という雰囲気などを気にしていて、「チャンスが来たときにアタックすればいいや」ではいざ、チャンスが来たら緊張して話せないと思ったからです。

で、妻との出会いですが、知り合いの結婚式の2次会に出席したとき、ちょっとしたゲームがあり、一緒のグループになったことがきっかけです。
グループではこれまでの成果かどうかわかりませんが、あまり緊張感なく話をすることができました。

その2次会のあとにも、結婚した夫婦のつながりで何度か会い、交際をはじめ、結婚いたしました。最後に婚活している女性にアドバイス:とにかく、異性と話し、緊張を無くすこと。

そして、チャンスが来たらアタック。

結婚相談なら婚活神社で
PR

コメント

プロフィール

HN:
婚活駅員
性別:
非公開

P R